小売業を始めたいならフランチャイズに応募

婦人

お店でおなじみのシステム

レジ

自分のお店に合ったものを

お店のレジのシステムの定番と言えばposシステムです。名前は聞いたことがあるけれども、どういったものなのかをご存知でない方は多いのではないでしょうか。そもそも、「pos」とは「Point of sales」の頭文字をとったもので、日本語では「販売時点情報管理」という言葉で表されます。最大の特徴としては、レジにおける顧客との取引内容をリアルタイムで管理でき、細かなデータの収集や分析が可能となっていることです。これにより、マーケティングにおいて最大限活用し、売上アップに貢献することができます。お店にとって便利なツールであるposですが、最近では種類も増えました。ひとつは従来からある「pos専用端末機」です。高性能で多くの情報を素早く処理できるため、スーパーなど取引品目が多いお店で使われています。細かなデータの収集や分析にも長けており、レジといえばpos専用端末を思い浮かべるほど普及しています。しかし反面、導入においては専門業者による作業が必要となり、高性能なため金銭面でのコストもかかります。また高機能であるが故に、操作方法に関しては従業員への教育を行う必要があります。次に、近年出てきた種類としては「タブレット端末機」で導入コストが安くすみ、操作方法も簡単なので特別な教育を行う必要もありません。もちろん、データの収集や分析も可能となっており、わかりやすいグラフなどで表示させることもできます。ただし、一度に多くの商品と取引できるほどの処理能力はなく、専用端末機に比べれば性能は劣ると言わざるをえません。そのため、小さなお店のレジで向いている機種と言えます。このように、posには自身のお店の規模によって導入する種類も異なってきます。うまく活用すればマーケティングに活用でき、売り上げにも貢献することができるので、自分のお店に合ったものを選びましょう。